公開日:2023/11/24 更新日:2024/02/06

2023.11.24  アパート一棟を売る前に知っておきたい5つのこと

まず物件種別の理解しましょう

 アパート一棟を売却する際には、まずその物件の特性と市場価値を理解することが重要です。

 一棟アパートは、一つの建物に複数の部屋があり、それぞれの部屋を賃貸する形態の不動産です。購入者は、一棟のアパートをまるごと所有し、収益を得ることができます。このような特性から、投資家にとっては魅力的な不動産となっています。

 一棟アパートの市場価値は、いくつかの要素によって決まります。まずは、物件の立地です。交通の便や周辺環境、学校や商業施設の近接性などが重要な要素となります。また、建物の築年数や建物の構造、部屋の広さや間取り、設備の状態も価値に影響を与えます。さらに、現在の賃料相場や将来の需要予測なども考慮する必要があります。

 アパート一棟の特性と市場価値を正確に把握するためには、関連する情報を確認することが重要です。アパートの賃貸借契約書や固定資産税、都市計画税の額、プロパンガスやインターネットなどの契約書、共用部の水道代や電気代などの情報を収集し、査定や売却活動に役立てましょう。特に、アパートの賃貸借契約書や購入時の重要事項説明書などは重要な書類なので、必ず準備しておきましょう。

 以上のような情報を踏まえて、一棟アパートの特性と市場価値を理解することで、よりスムーズな売却活動が行えます。

初めての売却の注意点

 アパート一棟を売却する際には、いくつかの準備が必要です。まずは、事前の準備項目について確認しましょう。

アパート売却まえの事前の準備項目

 アパート売却に向けての準備を行うためには、いくつかの項目をチェックする必要があります。まずは、アパートの賃貸借契約書や重要事項説明書などの文書を準備しましょう。これらの書類は査定や売却の際に必要となるため、事前に準備しておくことが重要です。また、固定資産税や都市計画税の額も確認し、売却価格に反映させる必要があります。

 さらに、プロパンガスやインターネット、浄化槽などの契約書類も準備しておきましょう。これらの契約書類には引き継ぎの際に必要な情報が記載されているため、スムーズな売却手続きのためにも必要な準備です。

 その他にも、共用部の水道代や電気代などの請求書も確認しましょう。これらの費用は売却時に買主に引き継がれることが多いため、正確な金額を把握しておく必要があります。

 また、購入時の重要事項説明書やローンの返済状況なども確認しておきましょう。これらの情報は売却価格や条件の決定に影響を与えるため、事前に確認しておくことが重要です。

基本的にアパートを売却する前に準備しておくもの
・賃貸契約書 一式 (何度も更新をしている入居者もいるため、原契約=入居当初のもの などもあると尚良い
・家賃表 数か月分 レントロールとも呼ぶ
・固定資産税 納付書 (最新のものが望ましい)
・謄本 土地・建物
・建築図面 設計図書 各部屋の間取りがわかるもの(購入時や建築時の図面や設計図など)
・水道・電気代などの光熱費の詳細
・修繕履歴 現在までに建物室内や外壁・屋根などの修繕履歴や施工した際の見積があるとベスト
このように、アパートを売却する際は、上記内容をしっかり準備することをお奨めします。
購入を希望する方も、上記資料が揃っていれば揃っているほど、物件を良く理解でき良い商談につながることでしょう。

査定の依頼と媒介契約の結成

 アパートの売却を検討する際には、複数の不動産会社に査定を依頼することがおすすめです。不動産会社によって査定額は異なることがありますので、複数の査定結果を比較することで適切な価格を把握することができます。

 査定の依頼をする際には、不動産会社と媒介契約を結ぶことも必要です。媒介契約は、不動産会社に売却活動を任せるための契約であり、売却までの手続きの中心となる重要な契約です。不動産会社の選定や契約内容については慎重に検討し、信頼できる不動産会社との協力体制を構築することが大切です。

 以上が、アパート一棟を売却する際の初めての売却の注意点となります。売却準備の手続きを正確に行い、信頼できる不動産会社との協力体制を構築することで、スムーズな売却が実現します。

賃貸アパート売却時の費用と税金

 アパートを売却する際には、いくつかの費用や税金がかかってきます。以下では、それらの基本的な知識について説明します。

税金計算の基礎知識

 アパートの売却をするとき、所得税や住民税が課税される場合があります。売却にあたっては、以下のポイントに注意しましょう。

  • 売却益は、売却価格から購入価格や売却にかかる費用を差し引いた金額です。
  • 所得税や住民税の税率は、所得の合計金額などにより異なるため、税金計算には注意が必要です。
  • アパート経営が法人経営である場合は、法人税がかかってくる場合があります。

売却にかかる費用の詳細

 アパートの売却する際には、以下のような費用がかかる場合があります。

  • 仲介手数料: 不動産会社との媒介契約に基づいて発生する手数料です。売却価格に応じて割合が決まります。
  • 司法書士費用: 売買契約書や登記手続きなど、法的な手続きを担当する司法書士の費用です。
  • 登記費用: 不動産の登記をするためにかかる費用です。
  • 印紙税: 売買契約書など特定の文書に貼る印紙代です。
  • 不動産取得税: 不動産を取得した場合に課税される税金です。  これらの費用は、売却価格や不動産会社によって異なる場合があるため、事前に確認しておくことが重要です。

売却のコツとタイミング(不動産売却はご縁とタイミング)

 アパートを売却する際には、最適な売却タイミングを見極めることが重要です。売却タイミングの判断基準としては、以下のポイントに留意することがおすすめです。

最適な売却タイミングの判断基準

 まずは、地域の不動産市場の状況を把握しましょう。地域の需要と供給のバランス、近隣のアパートの売買動向などを調査して、需要が高まっているタイミングやアパートの価値が上昇している時期を見極めます。

 また、マクロな経済状況も注視しましょう。景気が良くなり、不動産市場が活況を呈している場合は、売却の好機となることが多いです。

 さらに、自身のアパートの収益状況を分析しましょう。家賃収入や入居率の推移、修繕積立金の額などから、売却時期の判断材料を得ることができます。

アパートや空き家買取専門業者の活用

 アパート売却の際には、不動産買取専門業者の活用も検討しましょう。不動産買取専門業者は、高速な査定や手続きのスムーズさを売りとしています。また、不動産買取価格には交渉の余地があることもありますので、複数の業者から査定を受けることで、最も有利な条件を見つけられる可能性が高まります。

アパート売却成功のためのコツ

 アパートの売却成功のためには、以下のコツを心得ておくと良いでしょう。

 まず、不動産会社の選定には注意が必要です。信頼できる不動産会社を選び、実績や評判、提供されるサービスなどを比較検討しましょう。

 また、売却価格の設定には慎重さが求められます。相場価格や駅からの距離、周辺環境などを考慮し、適正な価格を設定することが重要です。売却価格の設定に関しては、不動産会社のアドバイスや査定サイトの活用もおすすめです。

 さらに、売りアパートの魅力をアピールすることも大切です。内部・外部のメンテナンス状況や設備の更新具合、周辺の利便性など、アパートの特徴を強調し、購入者の関心を引くようにしましょう。

 売却時には、不動産会社との協力体制を構築することも忘れずに。査定や契約の手続きにおいても、円滑かつ迅速に対応してもらえるように、信頼関係を築きましょう。

 以上のコツを念頭に置いて、アパートの売却活動を進めることで、よりスムーズで成功率の高い売却を実現することができます。

不動産会社選びのコツ

 アパートの売却には、信頼できる不動産会社の選択が重要です。以下に、不動産会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

信頼できる不動産会社の見極め方

 不動産会社を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 実績と評判: 不動産会社の実績と評判を調べ、信頼できる会社かどうかを確認しましょう。過去に一棟アパートの売却実績があるか、口コミや評価を確認することが重要です。
  • 専門知識と経験: 一棟アパートの売却には専門知識と経験が必要です。不動産会社が一棟アパートの売却に精通しているかどうかを確認し、適切なアドバイスがもらえるかをチェックしましょう。
  • 対応力とコミュニケーション: 不動産会社の対応力やコミュニケーション能力も重要です。売却に関するさまざまな疑問や要望にしっかりと応えてくれるか、円滑なコミュニケーションができるかを確認しましょう。
  • 契約内容と手数料: 不動産会社との契約内容や手数料についてもしっかりと確認しましょう。契約に関するトラブルや不明な点がないか、手数料が適正であるかを確認することが大切です。

不動産会社との協力体制構築のためのヒント

 不動産会社との協力体制を構築するためには、以下のヒントが役立ちます。

  • 情報共有: 不動産会社とは適切な情報共有を行いましょう。売却に関する希望や条件、物件の詳細情報などを正確に伝えることが重要です。
  • 進捗確認と連絡: 不動産会社との連絡と進捗確認を定期的に行いましょう。売却の進行状況や購入希望者の反応などを共有し、スムーズな売却ができるようにします。
  • 信頼関係の構築: 不動産会社との信頼関係を構築することも重要です。相手の意見やアドバイスに耳を傾け、信頼関係を築ければ、より円滑な売却が実現します。
  • 適切な判断: 不動産会社からの提案やアドバイスに対しては、適切な判断を行いましょう。自分自身の目的や要望に適う提案かどうかを考え、納得のいく売却活動を進めるようにします。  以上がアパート一棟の売却にあたり、不動産会社を選ぶ際のポイントと協力体制構築のヒントです。信頼できる不動産会社との協力により、スムーズな売却を実現しましょう。

今回は一棟アパートを売却する際に必要なことを解説してきました。空き家買取バンクでは、一棟アパートの買取にも力を入れており、買取実績も多いので、売却を検討中の方はぜひお気軽にご相談ください。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

年間相談件数1500件以上!
全国どこでもお伺いします!
  • 他社と比較OK 見積無料
  • 弁護士サポートで 安心迅速

会社概要

サイト名
空き家買取バンク
運営会社
KTERAS株式会社
電話番号
0120-598-338
所在地
東京都中野区本町2-51-10 OKビル10階
免許番号
東京都知事(1)第105384号
即日対応エリア
東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木・茨城
事業内容
不動産の買取・仲介、リフォーム、
相続不動産コンサルティング