公開日:2023/11/03 更新日:2024/02/06

【最新版】事故物件を手放したい!早く売るためのヒント.2023.11.04

事故物件の売却についての基本

 事故物件を売却する際には、いくつかの基本的な知識を持つことが重要です。

事故物件とは何か?

 事故物件とは、自殺や殺人といった不自然な人の死にかかわる事件や事故があった物件を指します。また、心理的瑕疵物件とも呼ばれ、住む人に心理的な抵抗を感じさせる物件です。

 事故物件を売却する際には、その特殊性を理解し、適切な対策を取る必要があります。

事故物件の売却に必要な知識

 事故物件を売却するにあたっては、以下の知識が必要です。

  • 売主には告知義務があること:売主は、事故の詳細情報を買主に正確に伝える義務があります。事故物件を売却する際には、事故の種類や発生日時などを適切に告知することが重要です。
  • 事故物件の売却相場の把握:事故物件の売却相場は、事故の種類によって異なります。査定を受ける前に、同様の事故物件の売却価格を調べ、売却価格の目安を把握しておくことがスムーズな売却のために必要です。
  • 適切な不動産会社の選定:事故物件の売却には、専門の知識と経験が必要です。買主への適切な告知や不動産価値の判断を行うためには、信頼できる不動産会社のサポートが欠かせません。複数の不動産会社から査定を受け、手取りの高い会社を選ぶことが大切です。  これらの知識を持つことで、事故物件をスムーズに売却するための基礎が築かれます。しかし、より具体的な売却方法や注意点については、専門家のアドバイスを受けることが望ましいです。

事故物件の早期売却のコツ

 事故物件を売却する際には、以下のコツを押さえることが重要です。

買取と仲介の選択

 事故物件の早期売却には、買取と仲介のどちらの方法が適しているのか考える必要があります。買取は一括査定サイトを利用して複数の業者に査定してもらい、高額な価格を提示してくれた業者に売却する方法です。一方、仲介は不動産業者に依頼して物件を紹介してもらい、売却価格の交渉や契約などを行う方法です。どちらの方法もメリットとデメリットがありますので、自分の状況に合わせて選びましょう。

事故物件をきれいに見せるリフォームの必要性

 事故物件は心理的な抵抗を感じさせる物件であるため、できるだけきれいに見せることが大切です。特殊清掃を済ませ、汚れや臭いを取り除くだけでなく、内部や外部のリフォームも検討しましょう。売却価格に対して投資が必要になるかもしれませんが、見た目や状態の良い物件は査定額を上げることができます。しかし、自己判断でリフォームを行うことは避け、専門家のアドバイスや不動産会社の意見を参考にしましょう。

事故物件の査定額を上げる方法

 事故物件を売却する際、査定額を上げるためにはいくつかのポイントに注意する必要があります。以下に示す方法を参考にしてください。

事故の詳細情報を伝えることの重要性

 事故物件を査定する際には、事故の詳細な情報を正確に伝えることが重要です。事故の種類や発生した場所、被害の程度など、詳細な情報を提供することで査定価格に影響を与えることがあります。査定担当者は、事故の影響が及ぼす物件の状態を正確に把握するために、可能な限り詳細な情報を把握する必要があります。

適切な売却価格の設定方法

 事故物件の売却価格を適切に設定することも査定額を上げる上で重要です。まずは、現在の市場価格や近隣物件の売却価格などの情報を収集しましょう。それに加えて、事故の種類や物件の状態、周辺環境なども考慮して価格を設定します。

 また、事故物件の売却価格は市場の需要と供給のバランスに大きく影響を受けます。事故物件は一般的な物件と比べて需要が低く、売却が難しい場合もあります。それにより、売却価格には割り引きがつく可能性もあります。査定を依頼する際には、専門家の意見を参考にして適切な売却価格を設定しましょう。

 事故物件の査定額を上げるためには、事故の詳細情報を正確に伝えることと適切な売却価格の設定が重要です。査定担当者に物件の実情を伝えるためにも、事故物件の売却に詳しい不動産会社や専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

事故物件売却の注意点

 事故物件を売却する際には、売主が特に注意が必要です。以下に売主の告知義務と売却後の影響について説明します。

売主の告知義務

 売主は、事故物件の売却に際して買主に対し、事故の詳細情報を正確に伝える義務があります。例えば、孤独死などの事件や事故があった場合、その事実を隠して売却を行うことは不適切です。告知義務に違反すると、売買契約が無効となる可能性があります。

売却後の影響

 事故物件を売却した後も、売主にはある程度の責任が残ります。例えば、売主が事件や事故の告知義務を怠っていた場合、買主が売却後に問題を発見し、法的手続きを取ることがあるかもしれません。このようなトラブルを避けるためにも、売主は正確かつ詳細な情報を提供することが求められます。

 事故物件の売却には様々な注意点がありますが、適切に対処すれば円滑に売却することができます。売主は告知義務を遵守し、買主に対して正確な情報を提供することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

まとめ

 事故物件を手放したいと思う時は、スピード解決が重要です。そのためには、空き家買取業者を活用することが一つの方法です。事故物件は一般的な不動産と比べて需要が低いため、一般の買い手を見つけるのは難しいことがあります。しかし、空き家買取業者は専門的な知識やネットワークを持っており、迅速かつ適切な価格で物件を買い取ってくれることがあります。

 空き家買取業者を活用する利点の一つは、スピーディな売却が可能なことです。一般的な売却方法では、物件の査定や買い手の選定、価格交渉など多くの時間と手間がかかります。しかし、空き家買取業者は即金で買取りをしてくれるため、時間をかけずに売却を進めることができます。

 また、空き家買取業者は事故物件の特殊な需要に対応しているため、適切な価格で物件を評価してくれることもあります。一般の不動産会社では物件の条件や立地、売り手の要望などに応じて査定額が変わることがありますが、空き家買取業者は事故物件に特化しているため、適正な価格で売却が可能です。

 さらに、空き家買取業者を活用することで売主の手間や負担も軽減されます。不動産の売却は手続きが煩雑であり、それに加えて事故物件の場合は様々な心理的な負担も抱えることがあります。しかし、空き家買取業者を利用することで、手続きや書類の作成、交渉などの手間をゆるやかにすることができます。

 事故物件を早く売りたい場合は、空き家買取業者の活用を検討してみてください。他の方法に比べてスピード解決ができ、売主の負担も軽減されます。ただし、空き家買取業者を選ぶ際には信頼性や評判を確認し、2.3業者から見積もりを取ることをおすすめします。それによってより適切な価格での売却が可能となります。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

年間相談件数1500件以上!
全国どこでもお伺いします!
  • 他社と比較OK 見積無料
  • 弁護士サポートで 安心迅速

会社概要

サイト名
空き家買取バンク
運営会社
KTERAS株式会社
電話番号
0120-598-338
所在地
東京都中野区本町2-51-10 OKビル10階
免許番号
東京都知事(1)第105384号
即日対応エリア
東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木・茨城
事業内容
不動産の買取・仲介、リフォーム、
相続不動産コンサルティング