公開日:2024/06/24 更新日:2024/06/24

空き家特例:地域活性化の鍵となる税制優遇措置【2024.6.24】

目次
 はじめに
 1. 空き家問題の背景
  1-1. 少子高齢化と都市部への人口集中
  1-2. 空き家がもたらす問題
 2. 空き家特例の概要
  2-1. 制度の背景と目的
  2-2. 適用条件
 3. 空き家特例の具体的な内容
  3-1. 税制上の優遇措置
  3-2. 空き家の再利用促進
 4. 空き家特例のメリット
  4-1. 所有者へのメリット
  4-2. 地域社会へのメリット
 5. 空き家特例の課題と改善点
  5-1. 空き家特例の課題
  5-2. 空き家特例の改善点
 6. 空き家特例の具体的事例
  6-1. 成功事例
  6-2. 課題を克服した事例
 まとめ

はじめに

日本は少子高齢化と都市部への人口集中という社会的課題に直面しています。これにより、地方の過疎化が進行し、空き家の数が増加しています。空き家は、防犯や防災の観点から多くの問題を引き起こし、地域の景観や環境にも悪影響を及ぼします。これらの問題に対処するために、政府は「空き家特例」を導入しました。本稿では、空き家特例の概要、その適用条件や具体的な内容、メリットおよび課題について詳しく解説します。

1. 空き家問題の背景

1-1. 少子高齢化と都市部への人口集中

日本の人口動態は急速な少子高齢化が進んでいます。総務省のデータによると、日本の総人口は減少傾向にあり、高齢者の割合は増加しています。さらに、若年層は都市部へと移動する傾向が強まり、地方の人口は減少し続けています。これにより、地方の住宅需要が減少し、多くの家屋が空き家となっています。

1-2. 空き家がもたらす問題

空き家は放置されるとさまざまな問題を引き起こします。

  1. 防犯上のリスク:空き家は犯罪者の隠れ場所として利用されやすく、地域の治安を悪化させます。
  2. 防災上のリスク:管理されていない空き家は倒壊の危険性があり、地震や台風などの自然災害時には周囲に甚大な被害をもたらす可能性があります。
  3. 景観の悪化:放置された空き家は景観を損ない、地域の魅力を低下させます。これにより、新たな住民や観光客の流入が妨げられ、地域の経済にも悪影響を与えます。
  4. 環境衛生の問題:空き家は害虫や害獣の温床となり、地域の衛生環境を悪化させます。

2. 空き家特例の概要

2-1. 制度の背景と目的

空き家特例は、2015年に施行された「空き家対策特別措置法」に基づいて導入された制度です。この特例の主な目的は、空き家の適切な管理と有効活用を促進することです。これにより、空き家が地域社会に与える悪影響を軽減し、地域の活性化を図ります。

2-2. 適用条件

空き家特例の適用には、いくつかの厳格な条件があります。

  1. 空き家であること:特例を受けるためには、少なくとも1年以上居住者がいない家屋である必要があります。
  2. 旧耐震基準で建てられた家屋:1981年5月31日以前に建築された、旧耐震基準の家屋が対象となります。
  3. 売却または賃貸の意図:所有者が空き家を売却または賃貸する意思を持っていることが条件です。
  4. 適切な管理状態:空き家が適切に管理され、周囲の環境に悪影響を及ぼさない状態であることが求められます。

3. 空き家特例の具体的な内容

3-1. 税制上の優遇措置

空き家特例を活用することで得られる主な税制上の優遇措置は以下の通りです。

  1. 譲渡所得税の特別控除:空き家を売却する際、一定の条件を満たせば最大3,000万円の特別控除が適用されます。これにより、所有者が得る譲渡益に対する税負担が大幅に軽減されます。この特例を利用することで、空き家を持ち続けるよりも売却や賃貸を選択するインセンティブが高まります。
  2. 固定資産税の減額:適切に管理された空き家に対しては、固定資産税が減額されることがあります。これにより、所有者が空き家を適切に管理する動機づけとなります。

3-2. 空き家の再利用促進

空き家特例は、税制上の優遇措置を通じて、空き家の再利用を促進する役割を果たします。所有者が空き家を売却または賃貸する意思を持つことで、地域社会に新たな居住者やビジネスがもたらされ、地域の経済活動が活性化します。具体的な再利用の例としては、以下のようなケースが考えられます。

  1. 住宅としての再利用:空き家をリノベーションし、新たな住居として提供することで、地域に新しい住民を呼び込むことができます。
  2. 商業施設としての再利用:空き家を店舗やオフィスとして改装することで、地域の商業活動を活性化させることができます。
  3. 観光資源としての再利用:歴史的価値のある空き家を観光施設として活用することで、地域の観光資源を増やし、観光客を呼び込むことができます。

4. 空き家特例のメリット

4-1. 所有者へのメリット

空き家特例は、所有者にとって以下のようなメリットがあります。

  1. 税負担の軽減:譲渡所得税の特別控除により、空き家を売却する際の税負担が大幅に軽減されます。
  2. 資産価値の向上:適切に管理された空き家は資産価値が維持されるため、将来的に売却や賃貸する際にも有利な条件で取引が可能となります。
  3. 管理コストの削減:特例を活用して空き家を売却または賃貸することで、所有者は管理コストから解放されます。

4-2. 地域社会へのメリット

空き家特例は、地域社会に対しても多くのメリットをもたらします。

  1. 治安の向上:空き家が減少することで、防犯上のリスクが低減され、地域の治安が向上します。
  2. 景観の改善:空き家の再利用が進むことで、地域の景観が改善され、住民の生活環境が向上します。
  3. 経済活動の活性化:新たな住民やビジネスが地域に流入することで、地域の経済活動が活性化します。
  4. 地域の魅力向上:空き家の適切な管理と再利用により、地域全体の魅力が向上し、新たな住民や観光客を呼び込む効果が期待できます。

5. 空き家特例の課題と改善点

5-1. 空き家特例の課題

空き家特例にはいくつかの課題も存在します。

  1. 適用条件の厳格さ:特例を受けるための条件が厳しいため、実際に適用されるケースが限られています。このため、多くの空き家が特例の恩恵を受けられない状況にあります。
  2. 情報不足:所有者が特例の存在を知らない、あるいはその内容を十分に理解していないケースが多く見受けられます。また、手続きが煩雑であるため、利用を躊躇する所有者もいます。
  3. 地方自治体の取り組みのばらつき:地方自治体によっては、空き家特例の活用を積極的に進めていない場合があります。自治体の取り組みが不十分な場合、特例の効果が限定的になります。

5-2. 空き家特例の改善点

1. 情報提供の充実

  • 広報活動の強化:空き家特例に関する情報を広く提供するために、自治体や関連団体が積極的な広報活動を行うことが重要です。例えば、セミナーや説明会の開催、パンフレットやウェブサイトでの詳細な情報提供などが考えられます。
  • ワンストップサービスの導入:所有者が簡単に情報を入手し、手続きを行えるよう、ワンストップサービスの提供を検討すべきです。これにより、特例の利用を促進することができます。

2. 手続きの簡素化

  • オンライン申請システムの導入:手続きを簡素化し、オンラインで完結できるようにすることで、所有者の負担を軽減します。これにより、特例の利用が増えることが期待されます。
  • サポート窓口の設置:申請手続きをサポートする窓口を設置し、所有者がスムーズに手続きを進められるよう支援します。

3. 地方自治体の支援強化

  • 地方自治体の積極的な関与:地方自治体が積極的に特例の利用を促進し、空き家対策に取り組むことが必要です。自治体による支援策の強化や独自の補助金制度の導入も有効です。
  • 地域特性に応じた対応:地域ごとの特性やニーズに応じた柔軟な対応が求められます。例えば、観光地では空き家を宿泊施設として活用するなど、地域の特性に合わせた再利用策を検討します。

6. 空き家特例の具体的事例

6-1. 成功事例

例1:長野県の空き家再生プロジェクト
長野県では、空き家特例を活用して空き家のリノベーションを進め、新たな住居や観光施設として再利用するプロジェクトが成功しています。地元の自治体と連携し、空き家所有者に対して情報提供や手続きの支援を行った結果、多くの空き家が再生されました。これにより、地域の活性化が図られ、観光客の増加や新たな住民の流入が実現しました。

例2:福岡市の商業施設転用事例
福岡市では、空き家特例を利用して、空き家を店舗やオフィスとして再利用する取り組みが行われました。地元商工会議所と協力し、空き家の改装費用に対する補助金を提供することで、商業施設への転用が進みました。この結果、空き家の減少とともに地域の商業活動が活発化し、地域経済の活性化に寄与しました。

6-2. 課題を克服した事例

例1:岡山県の情報提供強化策
岡山県では、空き家特例の利用が進んでいなかったため、情報提供の強化を図りました。具体的には、空き家所有者向けのセミナー開催や、分かりやすいガイドブックの作成、地域住民への説明会の実施などが行われました。これにより、特例の認知度が向上し、利用申請が増加しました。

例2:北海道のオンライン申請システム導入
北海道では、手続きが煩雑であったため、オンライン申請システムを導入しました。これにより、空き家所有者が手軽に申請手続きを行えるようになり、特例の利用が促進されました。また、自治体内に専門のサポート窓口を設置し、申請者への支援体制を強化しました。

まとめ

空き家特例は、空き家問題に対する効果的な対策の一つとして注目されています。税制上の優遇措置を通じて、空き家の売却や賃貸を促し、地域社会に新たな活力をもたらすことが期待されています。しかし、その効果を最大限に引き出すためには、情報提供の充実、手続きの簡素化、地方自治体の支援強化などが必要です。

空き家特例の成功事例や課題克服事例からも分かるように、地域ごとの特性に応じた柔軟な対応が求められます。空き家問題の解決には、多方面からの取り組みが不可欠ですが、空き家特例はその一助となる重要な施策です。これからも、空き家特例を活用し、地域の活性化と持続可能な社会の実現に向けた努力が続けられることが望まれます。

当社は、 全国の空き家問題や相続問題・訳あり不動産の買取を専門とした会社です。 

「豊富な経験」「多数の実績」「高い修復技術」「信用」を武器に、日本全国の空き家問題を抱えている物件を高価買取しております。お客様に寄り添って一番良い解決方法をご提案致します。
不動産回りのトラブルから手続きの仕方など、些細な問題も親身に真剣にお答え致します。 是非お気軽にお問合せください。公式ライン24時間受付中

年間相談件数1500件以上!
全国どこでもお伺いします!
  • 他社と比較OK 見積無料
  • 弁護士サポートで 安心迅速

会社概要

サイト名
空き家買取バンク
運営会社
KTERAS株式会社
電話番号
0120-598-338
所在地
東京都中野区本町2-51-10 OKビル10階
免許番号
東京都知事(1)第105384号
即日対応エリア
東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木・茨城
事業内容
不動産の買取・仲介、リフォーム、
相続不動産コンサルティング